めぐり逢ひて...

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011 北海道キロロ夏物語 その3 神威岬

<<   作成日時 : 2014/07/26 06:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年8月、夏。我が家が小旅行した北海道。今回は積丹半島、神威岬について記します。
2泊3日という短い旅程の中日、ニューしゃこたん号に乗って積丹ブルーの海を間近に楽しんだあと、積丹半島の西端、神威岬を目指します。
画像


殆ど下調べなしに向かった我が家。よもやあんなに歩くことになろうとは思いもよりませんでした。
画像


さて、岬はどの辺りかな。まずは坂の上の入り口?を目指します。
画像


上に到着です。女人禁制だったんですね。
画像

大きな門?をくぐって先を歩く方々のあとに続きます。
って、あれ? 岬はどこ? 予想を裏切って、終着点が見えません。
画像


途中、こんな吊り橋のようななところもあります。
画像


まだまだ、まだまだ歩き続けます。
画像


ようやく到着しました。
これが神威岬の神威岩です。
画像


積丹ブルーの海。
曇天でも、充分に神秘的な雰囲気がありましたが、
お天気が良ければ、もっと色鮮やかに出迎えてくれることでしょう。
画像

緑もとってもきれいです。本当に景観が素晴らしい。
画像


引き返す途中、女人禁制が解除された経緯が記された碑がありました。
画像


それにしても、まだまだ道は続く。
画像


ようやく帰還。振り返れば、よく歩いたものだな〜と我ながら満足(とはいえ、往復50分ほどですが)。
実際、その距離が気にならないくらい、景色が良かったのでした。
画像


さて、思いがけず運動したので、お腹がすきました。時刻も13時半になりそうです。
ここに来る途中に見かけた、海鮮のお店まで車を走らせることにしました。
最初に入ったお店は満席だったので、向かいのお店に入ることにしました。
それがこちら、新生
画像


メニューはこんな感じ。
画像

画像

娘が頼んだいくら丼
画像

私と主人は三色丼(いくら、ぶり、生うに)。
画像

もう、今まで食べた中で一番おいしい生ウニでありました。
口の中でとろけるというのは間違いなく本当でした。
出産後、ウニは苦手になっていたのですが、これは全然平気。
これを食べに行くだけでも、また行きたいぞ、北海道!
ごちそうさまでした!

次回、最終回は小樽です。
つづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2011 北海道キロロ夏物語 その3 神威岬 めぐり逢ひて.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる