めぐり逢ひて...

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012 観劇備忘録

<<   作成日時 : 2014/07/28 05:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

記事がどんどん時を遡ってますが、記憶に残っているうちに、今回は2012年に娘と観劇した作品を書き留めておきます。

1月 日生劇場『ラ・カージュ・オ・フォール』
画像

初日に家族3人で日生劇場にて観劇。
もう面白すぎて抱腹絶倒! なのに、しんみり心に切なさ漂う場面もあって、ぜひもう一度見たい作品でした。
出演は、鹿賀丈史さん、市村正親さん(この役がはまりすぎていたのか、娘はもう何を見ても市村さんがオカマにしか見えないというおまけも)、香寿たつきさん、今井清隆さん、森公美子さん ほか、豪華キャストでした。
来年再演されるというので、チケット取り、頑張らなくては!

2月 宝塚星組『オーシャンズ11』
画像

日中外気温5度という冷蔵庫並の寒さの中、近隣の小中学校がインフルエンザで学校閉鎖や学年閉鎖になっているというのに、仕事とはいえ、毎日2時間くらいぶっ続けで外遊びを課せられ、罹患してしまったインフルエンザ。予防接種をしたにもかかわらず罹患したのは初めてで、全く未だに苦い体験でした。そのせいで、私は見ること能わず、主人に代わりに見に行ってもらった作品です。見たかったなぁ…。
娘はとっても気に入ったらしく、後日ハリウッドの映画版も見て、ブラピのファンになったというオチ付きです。

3月 宝塚花組『復活/カノン』
画像

何とも切ない内容でしたが、それだけに、蘭とむの格好良さが際立っていたかな。
終演後、普段はないトップスター蘭寿とむさんの挨拶がありました。その日は、東日本大震災からちょうど1年経った日だったのです。

3月・4月 宝塚月組『エドワード8世/Misty Station』
画像

トップスター霧矢大夢さん(きりやん)と娘役トップの蒼乃夕妃さん(まりも)の退団公演。
私は2回、娘は3回見に行きました。
こんなに早く宝塚を去ってしまうなんて、とっても寂しい。
とってもとっても心に残るステキなステージでありました。

5月 宝塚雪組『ドン・カルロス/Shining Rhythm!』
画像

安心してみられる組になりました、雪組。
音月桂さん(キム)、コスチュームもの続きですが、似合っているな〜。
ショーもノリノリで楽しめるものでした。

5月 帝国劇場『エリザベート』
画像

トートはマテ・カマラス! ポストカード購入者特典で、目の前で本人からサインもらっちゃいました。
ほんの少し会話も交わせて、どんなにか極上の気分を味わったことか♪ ますますファンになっちゃいました。
ウィーン版トートよりも、エリザベートへの切ない愛があふれていて、バージョンによって演じ分けられるマテに感動。日本語もお上手でした。
エリザベートは春野寿美礼さん(おさ)。
宝塚版とはまた違った舞台を楽しめました。

番外<6月 東京ドームで巨人戦を観戦>

7月 宝塚星組『ダンサセレナータ/セレブレティ』
画像

正塚作品。あれとあれを足して割ったか? と思わされたミュージカル。ショーはとても楽しかったです。

番外<8月 東京ドームで巨人戦を観戦>

8月 宝塚月組『ロミオとジュリエット』
画像

主役のロミオ役及びティボルト役は、トップの龍 真咲さんと準トップ明日海りおさん(みりおくん)による役替わり公演というなじみのないキャスティング。お披露目なのに役替わりって、龍真咲には少々気の毒だったなぁ。私的には前年度の雪組版の方が完成度が高いという評価。でも、まだまだ若いトップを周りがしっかり支えている感じ。この辺りが抜けたら、ちょっと大変よね・・・。

8月 青山劇場『ミス・サイゴン』
画像

私はこの演目は初演の本田美奈子.さん以来の観劇。
今回は大好きな新妻聖子さんがキム役のバージョンを観劇しました。
ヘリコプターのシーン、やっぱり大変でも、前の演出版の方が迫力はありますね。
娘は、市村さんの「アメリカンドリーム」を生で聞けて大喜び。
しかし。ますます娘の中で市村さんの印象が変人化していっているような…。
ともかく、名曲ぞろいで、いいミュージカルですね。
2014年の今年は、帝劇で再演されます。

9月 宝塚花組『サン=テグジュペリ/CONGA(コンガ)!!』
画像

蘭とむがいいなぁ。娘役トップの蘭乃はなさん(蘭はな)は、こういう役の方がはまっている? 
印象に残ったのは、現雪組トップの壮一帆。この方の巧さは、頭一つ抜きん出ています。
2014年の今夏、もう退団とか、あり得ないんですけど・・・。

11月・12月 宝塚雪組 『JIN−仁−/GOLD SPARK!−この一瞬を永遠に−』
画像

トップスター音月桂さんと娘役トップの舞羽美海さんの退団公演。
こちらも2回観劇。
『JIN-仁-』はテレビドラマでもおなじみのマンガ原作のタイムスリップ医療もの。
ドラマとも違った結末が用意されていて、宝塚らしい内容に変わっていましたが、主題歌も良くて、キムの格好良さが本当に際立っていました。
今まで見たキムの舞台の中で、一番良かったかも。これで退団なんて、本当にもったいないと思わされました。

以上、2012年の観劇備忘録でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2012 観劇備忘録 めぐり逢ひて.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる