めぐり逢ひて...

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011 観劇備忘録

<<   作成日時 : 2014/07/28 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

遡ること3年、今回は2011年の観劇備忘録を書き留めます。

★2月 宝塚雪組『ロミオとジュリエット』
画像

音月桂(キム)のトップお披露目公演。久々の観劇です。
娘役トップ未定のままというちょっと異常事態? まぁ、雪組といえば、かの昔、麻美れい退団公演時に娘役トップ不在のままということもあったけれど、お披露目はあんまり聞かないように思う(ちなみに退団公演時では近年では月組もありました)。
今回はジュリエット96期夢華あみバージョンで観劇。なんと、研1です。
キムのロミオは、もう言うことなしではまり役。ステキでした。
夢華ジュリエットですが、所作はまだまだ、優雅さが足りなかったりするものの、少女という役柄に助けられてかあまりその辺りは目立たず。歌唱力は前評判通り、とっても素晴らしかったです。舞台度胸もあり。研1なのにそれは堂々としたもの。今後が楽しみな娘役さんです。・・・が、先般、あっという間に退団されてしまいました。音楽学校時代はいろいろとあったにせよ、それは若かったこともあるし、これから汚名返上、名誉挽回と舞台でかえしてほしかったのに、残念です。

★4月 宝塚花組『愛のプレリュード/Le Paradis!!(ル パラディ)』
画像

トップスター真飛聖(ゆうくん)の退団公演。
ゆうくんの良さが全部詰め込まれたような作品。
お芝居もショーも優しさあふれる公演でした。

★4月宝塚月組 『バラの国の王子/ONE』
画像

初日に観劇。原作はご存知『美女と野獣』。変身シーンは劇団四季の『美女と野獣』の方に軍配をあげますが、宝塚版はとてもファンタジックで原作に近い内容で描かれていました。ひととき夢の世界に潜り込んだような気分になれました。
ショーは、主題歌の『ONE』の歌詞がね、この年の3月の東日本大震災の記憶も生々しいだけに、『がんばろう、日本!』って思いと重なって聞こえたの。
もういろんな思いが交錯して、感動的な舞台でありました。きりやん、最高です!

★6月 宝塚星組『ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び』
画像

柚希礼音(ちえちゃん)らしい舞台を堪能できました。
ショーの格好良さと、ミュージカルのかわいらしさ! 一度で2度美味しいような感覚。
『めぐり会いは再び』は、とってもとっても楽しいミュージカルで、時間が経つのがあっという間でした。

★8月 宝塚大劇場 月組『アルジェの男/Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』
画像

兵庫公演を観劇。きりやん(霧矢大夢)の巧さが光った舞台。まりも(蒼乃夕妃)は、ダンス巧者を見せつけてくれたけれど、娘役トップなのにと、その衣装や振り付けにどぎまぎもしてしまいました。
ショーは楽しかった!  耳に残る主題歌です。

★8月 宝塚花組『ファントム』
画像

アーサー・コピット脚本の宝塚版「オペラ座の怪人」。
有名なロイドウェバーのものよりも、ファントムの人生や哀しみ、父子関係に焦点が置かれている。
壮一帆のキャリエールが秀逸。涙を誘われました。蘭はなは声はきれいだけれど、時々乱れるのが難点。
最後に、蘭とむトップおめでとう! そう、これは蘭とむのお披露目公演でした。

★8月 帝国劇場『三銃士』
画像

2回観劇。
井上くんのダルタニアン、石井さん、橋本さん、岸さんの三銃士、あさこ(瀬奈じゅん)はミレディ、山口さんのリシュリュー卿。もう最高に楽しかったです! 
あんまり楽しかったので、翌日また観に行ってしまいました。ぜひ再演してほしいです!

★11月 宝塚雪組『仮面の男/ROYAL STRAIGHT FLUSH!!』
画像

ディカプリオでおなじみの映画「仮面の男」がベース。
もともと原作アレクサンドル・デュマ。ルイ14世は双子だった説は、鉄仮面伝説とともに有名ですが、こちらも時代を彷彿とさせる豪華な作りになっていました。
やっぱりコスチュームもの、好きだなぁ。
8月の三銃士に続いてなので、どっぷり世界にはまれました。
ショーは、華麗さの中に力強さもあって、キムの魅力が堪能できました。

★12月 宝塚宙組『クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!』
画像

大空祐飛のスーツもの。
時代背景というか、スーツ作りの歴史がわかって面白かったです。こういう楽しみ方は久々かもしれない。
ショーは音楽も演出も楽しめました。娘お気に入りのショーとなりました。

以上、2011年に娘と観劇した備忘録でした。

※2014年7月28日、この記事を書いている最中に、心配なニュースが飛び込んできました。
市村正親さんが、胃がんで『ミス・サイゴン』の舞台を降板されるのだとか。
早期発見だったということですが、どうかどうか、どこにも転移してなくて、再びお元気な姿で舞台に復帰されますように。心から祈らずにはいられません。
市村さんのコメントはこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2011 観劇備忘録 めぐり逢ひて.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる