めぐり逢ひて...

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014 モルディブ サファリアイランド〜リゾートまで編〜

<<   作成日時 : 2014/08/19 13:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014年夏休み。
念願叶って5年8ヶ月ぶりのモルディブ行きが実現した。

マレーシア航空に乗ること7時間+4時間+トランジット4時間、自宅を出てからだとフルレ国際空港に到着するまで、実に19時間半!!が経っていた(我が家はこういうときは早め早めに動くので、えらい早く家を出たためでもある)。

タラップを降りながら、懐かしい空気を胸いっぱいに吸い込む。
乗ってきたマレーシア航空機を撮ろうとしてスタッフに制止され、写真はぶれぶれになった。
画像


到着してから荷物を受け取って外に出るまでは、全くノープロブレム。すいすいとことが運ぶ。これは幸先よい。
現地旅行会社INPACのスタッフの方に出迎えていただき、バスに乗って前泊先のフルレホテルへ。
玄関先もロビーも何もかもが懐かしい。
スタッフの方から明朝の予定を聞く。
モーニングコール 04:15
ロビー集合    05:15
朝食は1F Faru coffee House(04:00~07:00)

朝一番ということは、リゾートに早く到着できて満喫できるな〜。
でも、輪っかはきれいに見えないかぁ〜、それは残念だなぁ。
などと思いを巡らせながら、部屋に入る。
画像

なぜかエキストラベッドが忘れられていたけれど、思いの外早くに運び入れてくれたので問題なし。
温かいシャワーを浴びて翌早朝に備えることができた。

朝食は、日本との時差を考えると入らないわけでもないのだが、私と娘は食欲なし。フルーツだけいただいた。
画像

慌ただしく朝食を済ませて、スーツケースを引っ張りロビーに降りてチェックアウトを済ませる。
画像

日本人ばかり意外にぎゅうぎゅうでホテルのバスに乗って、空港の水上飛行機チェックインまで行く。
画像

以前は2社あった水上飛行機会社が吸収合併によりTMA1社になっていたのが、変わっていた点。
前は、TMAなら、黄色と青の飛行機、MATなら赤と白の飛行機、だったのが、いまやどれに当たるかはお楽しみ♪状態である。
画像

また、荷物重量制限については、ハンドバッグを除く手荷物とスーツケース合わせて1人25kgまでで、1kgごとに$2〜4の超過料金(リゾートによって異なるらしい)が加算されるが、我が家の場合、3人で合算にしてくれた。
スーツケースを預けた後は、TMAのバスに乗り込んで、水上飛行機乗り場へと移動。
この時点で、まだ6時にもなっていなかった。
サファリ行きがコールされて、桟橋の待合室に入る。以前は耳栓が配布されたが、今はなくなっていた。
しばらくして、飛行機へと案内されたが、なんとサファリ行きヘのゲストは我が家だけだった。
果たして、水上飛行機の色は、KureduResortのロゴ入りの白い機体
なんだか新鮮である。
イケメンパイロットさん2名が乗り込んで、6時半前に水上飛行機は動き始めたのだった。
画像

眼下にマーレ。
画像

初めてのモルディブ、エンブドゥ。
画像

飛び立ってから二十数分、サファリアイランドが見えてきた。
画像

期待とともに、ポンツーンに到着。まだ、7時過ぎである。
画像

ここからスピードボートに乗り込んで、あっという間にメインジェッティに到着、焦がれに焦がれたサファリアイランドへと足を踏み入れたのであった。
画像

画像

 つづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
臨場感あふれる文章で、自分も行っているかのようです(*^.^*)
続きも楽しみに拝見しまーす♪
モネ
2014/08/19 18:06
モネさん
ありがとう〜♪
たとえどうでもいいことでも書き留めておくと記憶を呼び覚ますよすがになるので、だらだらと書いちゃっていますが、よければまた遊びにきてください(^o^)
Tom
2014/08/20 06:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2014 モルディブ サファリアイランド〜リゾートまで編〜 めぐり逢ひて.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる