めぐり逢ひて...

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014 モルディブ サファリアイランド〜お部屋編〜

<<   作成日時 : 2014/08/23 10:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2014年夏休み。
我が家が滞在したモルディブ北アリ環礁、サファリアイランドリゾート。
今回は滞在した水上ヴィラ(水上コテージ、以下水コテ)を中心に、お部屋について紹介したい。
画像


今回申し込んだ部屋のカテゴリは、水上コテージ。ビーチコテージと料金の差は殆どない。ちなみにすべてのルームカテゴリで一棟独立型である。部屋の内容も、殆どカテゴリ間での差はなく、広さもほぼ同じ約45平米
部屋番号は、ビーチコテージが101〜130、
半水上コテージが131〜145、
水上コテージが146〜184となっている。
島内リゾートの部屋番号がわかる案内図↓
画像


水上コテージは北側のラグーンに位置し、桟橋の東西に分かれてつくられている。
画像

我が家は西側の153号室。お天気が良ければ最高の眺望だが、偏西風の吹く雨期のスコールに見舞われたら、まともに雨風の影響を受けることになる。テラスのガラスの隙間から雨が吹き込む、とかね。

前置きが長くなったが、まずは室内から。
ファンはないが、パナソニック製のエアコン有り。摂氏温度表示のリモコンが使える。
天蓋付きキングサイズベッド(正確には上の覆いはない)。両脇に抽き出し付きナイトテーブルがあり、片側には電話が置かれている。毎日ではないが、シーツデコレーションで楽しませてくれる。
画像

玄関脇に、湯沸かしポット、インスタントコーヒー、ディルマの紅茶やハーブティー、グラス、カップがあり、その左に姿見もある。
飲んでも飲まなくても人数分の500mlの水のペットボトルが毎日補充された。
画像

玄関扉の右には避難経路を記した図も。
画像

ワードローブ。棚付き。持ってきたビニール袋を敷き詰めて衣類を収納。上のオレンジのは救命胴衣(ライフジャケット)、緑のはポンチョ型の雨合羽である。ちなみに、大きな懐中電灯もこの左に置かれていた。
画像

セーフティボックス有り。4桁の暗証番号入力方式。暗証番号は自分で設定する。バスローブも有り。
画像

ワードローブの横には、鏡台(抽き出し付き)、その右にテレビがあり、テレビ台の中が冷蔵庫になっていた(中は空)。
画像

ベッドの足許の先に、2脚の椅子ガラステーブル(海が見えるようになっている)。
画像

ちなみに、鍵は3種類。玄関と、外のバスルーム入り口。残り一つは使わなかったのではっきりしないが、おそらくテラスかな?
画像

バスルームへは、ベッド横の扉から入る。洗面台は2つドライヤー石けんシャンプーリンスバスジェルがある。
画像

画像

洗面台の横にガラス棚があり、その横に、固定式のシャワーがあった。勢いはあまり強くない。
画像

洗面台の向かいにバスタブ可動式シャワー。固定式と同時に使っても湯量は十分。
画像

バスタブの右にトイレがある。シャワーの水がかかることはまずなく、使い勝手は良い。
画像

タオルは、バスタオルビーチタオルフェイスタオル
朝にMAKE UP ROOM、夕方にターンダウン。タオルの補充は、朝はバスタオルとフェイスタオル、夕方はビーチタオルのみとなる。
なお、グラス類は、使用しても交換はなかった。

テラスは結構広い。海に下りる階段付き。パラソルはあるがテーブルはなし。バスルームに直接出入りが可能になっている。
画像

ちなみにお隣のテラスは見えないようになっている。
画像

テラスからの眺め。
画像


外観はこんな感じ。
画像

こんなふうにコテージが並んでいて、
画像

コテージとコテージの間隔はこのくらい。
画像

どうでもいいが、この給湯器は、室外にあるコテージとないコテージが混在していて、ちょっとした謎であった。
画像


我が家的には、この水上コテージは、申し分なく居心地が良かった。
使い勝手もいいし、眺めも良いし、のんびりし放題。
帰国日が近づくにつれ、娘の口から「帰りたくないよ〜」「もっといたいよ〜」の言葉が繰り返しこぼれでていた。

ちなみに、ビーチコテージは、どの部屋に当たるかによって随分感想が割れると想像した。
海がよく見える部屋は、すなわちビーチを歩くゲストからも丸見えということ。
やっぱり落ち着かないのか、結構日中でもカーテンが引かれているように思った。
画像

半水上コテージは、テラス側は海に下りる階段付きで、水上コテージと変わりはないと思われるが、ビーチ側は橋が架かって、小径に続いている。この小径が裏道っぽくて、リゾートらしさを損なっているかもしれない。ビーチコテージの裏道もそうだといえばそうなのだけれど、移動はビーチ側に出られるからね。
画像

画像


お部屋については以上。
それにしても、見ているとすぐにでも帰りたくなってしまうなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2014 モルディブ サファリアイランド〜お部屋編〜 めぐり逢ひて.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる