めぐり逢ひて...

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015ランナリ 施設編 その1

<<   作成日時 : 2016/01/19 17:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ランナリの島内をご紹介。
画像


島全体の様子は、こんな感じ。画像はMondomaldive.comさんからお借りした。
画像


島内map。
画像


ランナリの詳細が記載されているFactsheetは、こちらから

では、簡単に我が家がわかる範囲でご紹介。
まず、船が到着するのがこちら、メインジェッティ
画像


レセプション
日本語堪能な女性スタッフの方(ワセナさん)がいるので、日本人スタッフがいなくてもとても心強い。
もちろん、他のスタッフの方々も礼儀正しくて親切。大変好感が持てた。
ちなみに、清算についてだが、レセプション脇から別室に入って行われる。
そして驚いたことに、JCBカードが使えたのだった。
画像

レセプション主催のエクスカーションも定番のアイランドホッピングやナイトフィッシング、モーニングフィッシング、などなど多数有り。ボードに書き込んで、最少催行人数に達すれば、催行される。けれども、達しなくても厚意で催行してくれることもあるのでスタッフに確認してみよう。

ショップもあり、日焼け止めなど日用品、スナック類、シュノーケル用品はもちろん、お土産品もそれなりに揃っている。ちなみに二階建てで、2Fの方がフロアが広くとられている。同じ棟に宝石店もあり、その隣にオーダーメイドの手描きTシャツショップもあった。週に一度、20%offや15%offの日があるのでそれを狙ってまとめ買いするのもいいかもしれない。
画像

なお、ショップの営業は、写真の通り(※2015年8月時点)。
画像


メインバーである、カクテルバー
珍しいと思ったのが、バー主催のエクスカーションがあること。
ドルフィンウォッチングはバー主催であるので、興味のある方はスタッフに聞いてみると良いかも。
オールインクルーシブなら、こちらでおやつも楽しめる。
日によって、ケーキだったりクッキーだったりフライドポテトだったり。
小腹が空いたときにはとても嬉しい。ただし、ビールは普通に美味しかったようだが、ノンアルコールの飲み物はちょっと甘過ぎかな・・・。
画像

画像

画像

ちなみに、バーは水上コテージ入り口付近にもう一つある。
Nika Barだ。
我が家のコテージからは遠いので一度も利用しなかったので、詳細はわからない。
ただ、テーブルの数は少なさそうだった。

カクテルバーの隣にマッサージ店があったが、人がいるのは見なかった。
更に隣にはウォータースポーツセンターがある。
こちらではマリンスポーツ各種が申し込める。また、シュノーケリングエクスカーションもこちらが主催。ドーニでポイントまで連れて行ってくれる。
画像

画像

こちらでのエクスカーションは催行人数に達しなければ、自動的に繰り延べされるのでこまめにボード確認が必要。なお、帰国日までに人数が集まらなかった場合は、お願いすれば一考してくれることもあるようなので、スタッフに確認してみるのが良いと思われる。

ダイビングセンターは、メインジェッティの脇にある。いつも賑やかな笑い声が聞こえていた。
ただし、ハウスリーフについては、スタッフはあまり詳しくないらしい。ウォータースポーツセンターのスタッフに聞いた方がいいかもしれない。
画像


島の北側にはサブジェッティがある。
こちらにはほぼ常にドーニが停泊。桟橋下にはヨスジフエダイ等、群れがいっぱいなのだが、船が停泊しているのでなかなかのんびりシュノーケリングできなかったのが残念。
画像

このサブジェッティでは、夕刻にちょっとしたショーが行われていた。
フィッシング用の餌やレストランで出た廃棄用と思われる魚の切り身がドーニから撒かれるのである。
それに対してたくさんの魚たちが群がってくるのだ。
特にショーとしてうたっていないので、知る人ぞ知る、不定期なものと思われる。
大きなウツボやサメまでくるのでちょっとした見物であった。
画像

画像

画像


長くなったので、コテージ、スパについては次回(こちらをクリック)

<2015年8月
モルディブ 南マーレ環礁 アダーラン クラブ ランナリ 家族旅行記>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2015ランナリ 施設編 その1 めぐり逢ひて.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる