めぐり逢ひて...

アクセスカウンタ

zoom RSS ベランダのタイル考

<<   作成日時 : 2016/10/13 18:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

我が家のベランダにTOTOバーセアシリーズのタイルを敷いて10年余。
マンションの大規模修繕を前に、タイル敷きについて考えた。

大規模修繕を迎えると、ベランダはエアコンの室外機を除いて私物はすべて撤去しなければならない。
つまり、バーセアのタイルも植木鉢も物置もベンチも、すべて、だ。

植木鉢は、二鉢くらいなら、修繕期間中くらい、室内ででもなんとかなるだろう。

物置やベンチも、きれいにすれば室内に置くことは可能。
タイルも、きれいに洗って部屋に置いておこう、最初は気楽にそう考えていた。

さて、汚れ具合はどんなものかと戦々恐々、タイルをはがして洗ったのだが、やはり鉢やらレンガを置いていたものはさすがに土汚れがこびりついていて、これはこれで磨くにも骨が折れる。肩が痛い、自分の重ねた年を思わされる。
しかし、不安だった虫は、小さなクモ、ダンゴムシくらいでほっと一安心したのだが、問題はそういうことではなかったのだった。

バーセアの足、樹脂の部分の経年劣化である。

とくに、MGシリーズの樹脂部分は、分割部分が日光にさらされているだけに痛みやすいのか、はたまたカッターなどで簡単に切り離せるようになっているだけに切れやすいのか、はがしている最中にもパキパキと勝手に切れてしまったのだ。
MRシリーズの大判タイプは、さすがに内部は切れることはないものの、端っこの部分がタイルからはがれたり角が切れたりしてしまったものもあった。
タイル部分は全然問題がないだけに、なんだかもったいない気もするのだが、いやいや、樹脂だもの、10年持てば立派でしょうとも思う。さて、十何枚かは買い直しだな、と諦めたものの、困ったのが、裏足の樹脂が壊れたタイルの廃棄法だった。
タイルは陶磁器だから不燃ゴミで何度かに分けて捨てればいいかと高を括っていたのだが、どうも自治体によってはタイルは不燃ゴミで出すのも粗大ゴミで出すのも不可のようだ。残念なことに我が家の住む自治体は、不可、の方であった。

むむむ。どうしようか。
大規模修繕の案内には、「不要物無償処分(量に限りあり)」の案内があった。
申し訳ないが、これを利用させてもらうことにしよう。
ちなみに、植木鉢、プランターの類いは、処分不可となっていた。
粗大ゴミに出せるものはできるだけそちらを利用し、自治体では扱いのないタイル、玉砂利、レンガ等を処分してもらうこととした。また、物干し竿は粗大ゴミで出せるものの切断する必要があったので相談したところ、どうぞと言ってもらったのでありがたくお願いすることにした。

閑話休題。
タイルを敷いてから10余年。
緑のあるベランダの恩恵にも浴し、その価値は十分にあったといえる。
しかしながら、大規模修繕で結構な労力を費やす羽目になろうとは、また廃棄で頭を悩ますことになろうとは、当初はそこまで考えが及んでいなかったといわざるを得ない。

次回の大規模修繕を見据えて、反省点を含め、いくつか気付いたことを残しておくことにする。
ちなみに、あくまで、我が家のベランダの場合、なのであしからず。

タイルは消耗品。家電製品と同じで買い替えが必要だと思うこと。
・タイルを敷くのは、きちんと計測して案を練ってからにすること。
・タイルを敷くときは、できるだけ大判タイルを使用。向き、列等を揃えた方がメンテナンスも簡単。
・タイルは隙間を埋めるために細かくしたりしない。ケチらずに幅調整材も使用すること。
・隙間等に玉砂利は使用しない。きれいなのは最初だけ。メンテナンスも廃棄も面倒この上ない。
レンガも玉砂利同様廃棄できない上、ダンゴムシの栖になるので、使用は控えることとする。
は3~4個前後に絞る。たとえ寂しく感じても増やさないこと。
・シンプルisベスト。できるだけ物を置かない。部屋に入れても大丈夫なものだけにする。
・タイルの結合部分について。
 →はがすことを考えると、窓側から排水溝に向かって組み合わせて行くのがベター。
・とにかく、新規に購入する際は、廃棄のことまで念頭に置いてよく考えること。


とりあえず、これくらい。

やはり、メンテナンスや大規模修繕を考えると、タイルを敷くのはデメリットもある。
けれども、我が家の場合、日々の癒しを景観に求めれば、メンテナンスが苦にならない程度にならタイルを敷くのも、やはり大きなメリットがあるとも思うのだ。

リビングから眺める、気候が良いときはベランダで過ごす、家族で花火を見る、等々、我が家ではベランダは日常の一部になっている。
だとすれば、眺め、居心地がいいに越したことはないか。
大規模修繕が終わるのは来年だが、それまでに、どんなふうなベランダにするか、思い描く時間はたっぷりある。
ゆっくり考えることにしよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり先輩、文章がお上手で読みやすく、興味深く引きつけられます(*^.^*)
私は今、仕事で製造業の廃棄物関係に携わっていますが、まさにおっしゃる通り。買う時に廃棄のことを考える人はあまりいませんが、とっても大切です。
製造業ではレンガを使うのですが(廃棄物として出ているので知ってるだけで、何に使ってるのかは知りませんσ(^_^;))廃棄はとーっても面倒です。
製造業はリサイクルでない、埋め立ての廃棄を避ける傾向にあり、厳密に管理しているので埋め立て処理はできません。となると、レンガのようなものは特殊な高熱処理となり、かなり高額な処理料金がかかるのです(>_<)さらにまた、耐火煉瓦なんてものもあり、これは一段と面倒・・・
使っている方たちは知らないことが多く、気軽に「廃棄したいです」と相談されてあたふたします。結局は、工事業者にひきとってもらうことが多いような・・。
私は今の仕事に携わるまではちーっとも知らなかったことなので、普通に家庭の作業をしていてそこまで気が回る先輩はさすがだなぁと感心した次第でした(o^-^o)

あー、話は尽きませんね。ご近所だったらお茶飲みながら何時間でもお話しできそうです(≧m≦)
モネ
2017/03/09 18:53
モネちゃん、こちらにもコメントありがとう♪
褒めてくれても何もでないよ(^~^)
モネちゃん、大事なお仕事に携わっているのね。廃棄って、すっごく難しいと今回の件を通して痛感したから、こういうお仕事って大事だなぁって、本当に心から思います。
本当に考えなしだった自分に大喝です。
私もお仕事を通して広い世界を体感しているモネちゃんのお話をもっと聞きたいわ〜。帰省合わせられると良いけれど。そしたらOさんにも声をかけて久々に母校訪問とかも良いかもね(^-^)
ではではそんな日が近いうちに訪れることを願って。
Tom
2017/03/10 17:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ベランダのタイル考 めぐり逢ひて.../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる